検索

豆乳ヨーグルトとトレーニング後の免疫系

先日TBSでアスリートは決して免疫が高くなく普通の方よりむしろ低いと研究結果で放映していました。やはり激しいトレーニングやレースあとは特に免疫系が下がるので体調を崩しやすいと。

そこでその対策にトレーニング後にヨーグルトを摂取して免疫系を守るのが良いと言っておりました。私も7年前から自宅で豆乳ヨーグルトを作っていますが、種菌にはR1ヨーグルトを使っていました。テレビでもR1ヨーグルトを推奨していましたが、私は乳製品より豆乳ヨーグルトの方が体には合っているようです。R1ヨーグルトは免疫系が強くなると言われています。確かに種菌R1にしてからあまり風邪で寝込むことがなくなりました。もちろん乳糖不耐性がない方はそのまま食べればよいですが、私の場合は豆乳のほうが調子は良いようです。また豆類はそのまま食べると消化に悪いのですが発酵することでたんぱく質の吸収率が高くなります。また脂肪分も通常のヨーグルトよりないのでアスリートにはうってつけかもしれませんね。作り方はまずヨーグルトメーカーを購入します。あとは無調整豆乳と種菌のヨーグルトです。容器を煮沸して1リットルの豆乳とヨーグルト1カップを容器に入れかき回します。ヨーグルトメーカーにセットして7時間で完成。あとは冷蔵庫に保管して3日くらいまでに完食してください。私の場合は朝食でヨーグルトに有機グラノーラをかけてメイプルシロップを少しかけていただきます。一回に300gくらい食べるので大体2、3日でなくなります。ぜひお試しください。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています