検索

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。

さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。

1距骨

距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。

2踵骨

踵骨の動き背屈だけではなく、足を左右へのバランスを保つためにも重要です。足を地面についた際の重心が外側に寄りやすくなってしまい、重心を保つために膝関節や股関節を代償に使ってしまうことがあります。

問題は足関節自体は靭帯の塊のようなのものなので、そこが固着してるのか足関節上部の筋群の硬さなのかをみてく必要があります。

大抵スポーツをしてきた方は捻挫の1度や2度はしたことがありますが案外靭帯が切れている方もいたりします。案外そのような方が関節不安定を無くすために知らず知らずに庇いながら足関節を硬くしてしまっている方をよく見かけました。そのような場合は足関節のストレッチと並行してふくらはぎなど足関節関節上部の筋群も施術していかなければなりません。案外しゃがむ動作までスクワットしてもらうと出来にくい方も多数見かけます。歩くにも影響はしていきますので特に運動をなさる方はよりケアをしていくことをおすすめいたします。

予約サイト↓

https://airrsv.net/zenkojikai/calendar




閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが