top of page
検索

身体のゆがみとは

昨今スポーツやジムに通う方も多くなりよく患者さんから聞かれることが多くなったのは身体がゆがんでませんか?と。

そもそも体の軸は矢状面(身体の左右を分ける面、身体の正中線上を正中矢状面と言います。)

前額面(身体の前後をスライスする断面、頭からくるぶしまで一直線の姿勢)

水平面(床を平行に身体を上下に分ける断面、身体を回旋させることで姿勢を見ます。)


しかし私も患者さんを診続けて30年近くになりますが上記の3つの面が揃っている方はほとんど出会ったことがありません。要はゆがんでいる人が大なり小なりほとんどなのです。

ほとんどが生活習慣の癖やスポーツでの癖、怪我の後遺症などにより人間はついつい楽なほう楽なほうへと偏っていくのです。

元々人間には姿勢維持筋というのがあります。しかし現代人は運動不足やパソコン作業など長時間作業によりその姿勢維持筋のセンサーが狂ってしまっている方が多いのです。また競技などスポーツなども自転車は長時間同じ姿勢で運動をするので背面や股関節周りがつまったり、ゴルフや野球など片側の反復運動なども非常に体の軸や半身の筋バランスを崩しやすくなります。

ですのでそれをリセットして再び心地よい身体の軸を戻してほしいのです。

方法は色々あるのですが全身を施術治療する、きちんと筋や腱を弛める治療を受けてリセットする。

その後に姿勢筋のセンサーを戻すために坐禅やアレクサンダーテクニークのような訓練を受ける又は弱いところを筋トレストレッチなども必要です。


   

               施術のご予約はこちら





閲覧数:81回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

留言


bottom of page