検索

身体のゆがみはある?

昨今スポーツやジムに通う方も多くなりよく患者さんから聞かれることが多くなったのは身体がゆがんでませんか?と。

そもそも体の軸は矢状面(身体の左右を分ける面、身体の正中線上を正中矢状面と言います。)

前額面(身体の前後をスライスする断面、頭からくるぶしまで一直線の姿勢)

水平面(床を平行に身体を上下に分ける断面、身体を回旋させることで姿勢を見ます。)


しかし私も患者さんを診続けて25年近くになりますが上記の3つの面が揃っている方はほとんど出会ったことがありません。要はゆがんでいる人が大なり小なりほとんどなのです。

ほとんどが生活習慣の癖やスポーツでの癖、怪我の後遺症などにより人間はついつい楽なほう楽なほうへと偏っていくのです。

元々人間には姿勢維持筋というのがあります。しかし現代人は運動不足やパソコン作業などによりその姿勢維持筋のセンサーが狂ってしまっている方が多いのです。

ですのでそれをリセットして再び心地よい身体の軸を戻してほしいのです。

方法は色々あるのですが全身を治療するきちんとした筋を弛める治療を受けてリセットする。

その後に姿勢筋のセンサーを戻すために坐禅やアレクサンダーテクニークのような訓練を受ける又は弱いところを筋トレなど。

自宅でやるなら詰まった側をストレッチ、もしくは呼吸をしながら背伸びなど色々方法はあるのでやってみると良いかと思います。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近ニュースで見たのが結構衝撃的でした。アメリカの成人75%が過体重だということ。また働き盛の40から60代で平均がbmi30以上と耳を疑いましたが現実だそうです。アメリカは肥満大国と言われていましたが現代でもあまり肥満度は変化ないようで驚きでした。特にここ3年はコロナ渦で自宅で過ごす時間が増えてきて運動不足で太る方も多かったと思いますが日本人も中年に限れば電車内を見渡すとお腹が出てる方が多く見受

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです