検索

身体のゆがみはある?

昨今スポーツやジムに通う方も多くなりよく患者さんから聞かれることが多くなったのは身体がゆがんでませんか?と。

そもそも体の軸は矢状面(身体の左右を分ける面、身体の正中線上を正中矢状面と言います。)

前額面(身体の前後をスライスする断面、頭からくるぶしまで一直線の姿勢)

水平面(床を平行に身体を上下に分ける断面、身体を回旋させることで姿勢を見ます。)


しかし私も患者さんを診続けて25年近くになりますが上記の3つの面が揃っている方はほとんど出会ったことがありません。要はゆがんでいる人が大なり小なりほとんどなのです。

ほとんどが生活習慣の癖やスポーツでの癖、怪我の後遺症などにより人間はついつい楽なほう楽なほうへと偏っていくのです。

元々人間には姿勢維持筋というのがあります。しかし現代人は運動不足やパソコン作業などによりその姿勢維持筋のセンサーが狂ってしまっている方が多いのです。

ですのでそれをリセットして再び心地よい身体の軸を戻してほしいのです。

方法は色々あるのですが全身を治療するきちんとした筋を弛める治療を受けてリセットする。

その後に姿勢筋のセンサーを戻すために坐禅やアレクサンダーテクニークのような訓練を受ける又は弱いところを筋トレなど。

自宅でやるなら詰まった側をストレッチ、もしくは呼吸をしながら背伸びなど色々方法はあるのでやってみると良いかと思います。




100回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

足のトラブル

先日いらした膝痛の患者さんですがよくよく身体を診ていくと足の外反母趾が相当ひどい状態でした。もちろん膝の痛みが出ているのでX脚気味ではありますがどうも外反母趾を何とかしないと歩行に問題も出ています。もはや骨の変形がすすんでしまっていますが足のマッサージと指圧をするとアーチが戻り若干親指も開くようになりました。今後は自宅でもマッサージと足の指の筋トレとストレッチを指導して毎日やってもらうことにしまし

力の入れ方抜き方

最近は筋トレブームでトレーニングに励む方も多くいらっしゃいます。力を入れることはとても意識しやすく筋肉も増えていくのでとても満足感があります。 ところがいざ色々なスポーツの場面では力を入れる、力を抜くの連続です。思うに一流アスリートはパワーもありますが力の抜き方も熟知している天才なのではないでしょうか。 マッサージや指圧でもたまにいらっしゃるのですが力を抜いてくださいと言っても余計に硬くなる方もい

内臓脂肪型肥満

最近電車に乗ると以前に比べて通勤電車で小太りの男性が増えたような気がします。 やはりコロナ中で運動不足や食事の乱れがあり肥満体になる方が 増えているようです。現実にもコロナ最中にテレワークや運動不足などで太った方が増えたとのデータがありました。 その中でも内臓脂肪はあまりよくありません。内臓周辺に蓄積する脂肪は 代謝が盛んで血中脂質濃度を高めてしまいます。インスリン抵抗性も悪くなり 脂質異常や糖尿