検索

身体の傾き

最近はよく患者さんにも身体が歪んでいませんかと聞かれることが多くなりました。骨盤がずれる、腰が曲がってる、脚の左右差があるなどです。私が見る限りほとんどの方は左右差がありそれは当たり前なのです。日常生活で右利きの方が多ければ腕から手など筋肉差も相当ありますし、脚の左右差も軸足がある限りあります。まあ治した所で日常生活が改善しなければほとんど無意味です。ある意味体は左右対称ではありません。スポーツ選手の中では左右差を極限までバランスしながらトレーニングをしている方もいますが,それはかなり難しいことであり一般の方には中々難しい。 であればそこから発生する不調もあるのですが、ほとんどの方は自分でバランスを保っています。しかしそれがストレスや過労により吹き出ることもあります。それでも中心線を保ちたいなら日常で気をつけることがあります。まずはカバンを片手で持たない。どうしても持つなら左右均等に時間を別けて持ちましょう。右利きの方は右に身体が下がっていることがほとんどなので仕事中や自宅で反対側にストレッチをして使いすぎの筋肉を開放させてあげましょう。後は抗重力筋を鍛えるためにも坐禅がオススメです。これは自律神経の鍛錬にもなりますし姿勢を正中に保つことは左右差を矯正する意味もあります。私が見ていても坐禅を毎日行なっている方はとても姿勢が綺麗な方が多いです。電車の中や職場でも座っている際は仙骨尾骨をきちんと正して座りましょう。これだけでもだいぶ違ってくると思いますが、すべて行なうのも中々ハードルが高いかもしれませんね。

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

足のトラブル

先日いらした膝痛の患者さんですがよくよく身体を診ていくと足の外反母趾が相当ひどい状態でした。もちろん膝の痛みが出ているのでX脚気味ではありますがどうも外反母趾を何とかしないと歩行に問題も出ています。もはや骨の変形がすすんでしまっていますが足のマッサージと指圧をするとアーチが戻り若干親指も開くようになりました。今後は自宅でもマッサージと足の指の筋トレとストレッチを指導して毎日やってもらうことにしまし

力の入れ方抜き方

最近は筋トレブームでトレーニングに励む方も多くいらっしゃいます。力を入れることはとても意識しやすく筋肉も増えていくのでとても満足感があります。 ところがいざ色々なスポーツの場面では力を入れる、力を抜くの連続です。思うに一流アスリートはパワーもありますが力の抜き方も熟知している天才なのではないでしょうか。 マッサージや指圧でもたまにいらっしゃるのですが力を抜いてくださいと言っても余計に硬くなる方もい

内臓脂肪型肥満

最近電車に乗ると以前に比べて通勤電車で小太りの男性が増えたような気がします。 やはりコロナ中で運動不足や食事の乱れがあり肥満体になる方が 増えているようです。現実にもコロナ最中にテレワークや運動不足などで太った方が増えたとのデータがありました。 その中でも内臓脂肪はあまりよくありません。内臓周辺に蓄積する脂肪は 代謝が盛んで血中脂質濃度を高めてしまいます。インスリン抵抗性も悪くなり 脂質異常や糖尿