検索

身体の傾き

最近はよく患者さんにも身体が歪んでいませんかと聞かれることが多くなりました。骨盤がずれる、腰が曲がってる、脚の左右差があるなどです。私が見る限りほとんどの方は左右差がありそれは当たり前なのです。日常生活で右利きの方が多ければ腕から手など筋肉差も相当ありますし、脚の左右差も軸足がある限りあります。まあ治した所で日常生活が改善しなければほとんど無意味です。ある意味体は左右対称ではありません。スポーツ選手の中では左右差を極限までバランスしながらトレーニングをしている方もいますが,それはかなり難しいことであり一般の方には中々難しい。 であればそこから発生する不調もあるのですが、ほとんどの方は自分でバランスを保っています。しかしそれがストレスや過労により吹き出ることもあります。それでも中心線を保ちたいなら日常で気をつけることがあります。まずはカバンを片手で持たない。どうしても持つなら左右均等に時間を別けて持ちましょう。右利きの方は右に身体が下がっていることがほとんどなので仕事中や自宅で反対側にストレッチをして使いすぎの筋肉を開放させてあげましょう。後は抗重力筋を鍛えるためにも坐禅がオススメです。これは自律神経の鍛錬にもなりますし姿勢を正中に保つことは左右差を矯正する意味もあります。私が見ていても坐禅を毎日行なっている方はとても姿勢が綺麗な方が多いです。電車の中や職場でも座っている際は仙骨尾骨をきちんと正して座りましょう。これだけでもだいぶ違ってくると思いますが、すべて行なうのも中々ハードルが高いかもしれませんね。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近ニュースで見たのが結構衝撃的でした。アメリカの成人75%が過体重だということ。また働き盛の40から60代で平均がbmi30以上と耳を疑いましたが現実だそうです。アメリカは肥満大国と言われていましたが現代でもあまり肥満度は変化ないようで驚きでした。特にここ3年はコロナ渦で自宅で過ごす時間が増えてきて運動不足で太る方も多かったと思いますが日本人も中年に限れば電車内を見渡すとお腹が出てる方が多く見受

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです