検索

身体の左右差

日常生活をしていると癖のある方法で生活している方がほとんどです。

それが多かれ少なかれ人の体は左右差があるのは当たり前です。しかしそれがあまりにも差が大きくなると体の不調につながります。私は患者さんに自宅を出る前に全身姿見で自分を見てみると良いですよとアドバイスしています。ほとんどの人が左右差があるので肩の位置や骨盤の位置が違う方が多いようです。右利きの方がほとんどですので右のあごが上がり右肩が下がり右上善腸骨稜が上がっているくの字型の方がほとんどです。別段痛みなどがなければ良いのですが私は片麻痺の患者さんやパーキンソン病の患者さんなどを診ていると特にこの左右差が大きくなり痛みが出てしまう方が多いのです。リハビリも患側側は筋トレや動きもうまくいかないのでどうしても健側側のほうに力が集中してしまいものすごくバランスが悪くなります。これがアスリートに当てはめるとトレーニングの左右差が生じます。例えばマラソンや自転車競技などはもともと左右差があまり出にくい競技なのですが、自分の身体の左右差に気が付かづに激しいトレーニングをすると上の患者さんと同じように強い方がより片方の弱い方を補完してよりバランスを崩す方が多い気がします。それが長く続けばケガや故障の原因にもなってきますので、ある程度自分で判断できない方はトレーナーなどの第三者の方に見てもらうことをお勧めします。そのうえでタイトになっている筋肉をマッサージやストレッチしてリセット後。弱い方の筋トレなどを指導してもらうのが最良です。一般の方は筋トレは必要ありませんがこのような左右差がある方は定期的に右半身のストレッチやマッサージをするのはよいことだと思います。あとは普段の姿勢や生活の癖をみなおしてみましょう。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完

マインドフルネスと禅

昨今マインドフルネスという言葉を盛んに見かけると思います。 要約すれば瞑想ですが医療心理学的にはジョンガバットジンが心理学の集点化理論と組み合わせて臨床的に体系化したもので心をリラックスしたりストレスを緩和したり思考を制御したりするものと言われています。日本人から見れば心理学的治療に見えますが実は東洋思想仏教の禅から由来されてると言われています。 私は幼少から父の影響で坐禅を組むことをよくしていま

胃腸障害

ここ最近胃腸障害の患者さんが多いようです。 やはり自粛生活による運動不足やストレスなどで胃腸の調子が悪い方がいます。 胃もたれや食後の胸焼け、お腹の膨満感など人により様々ですが 長く続く場合は病院での検査を勧めています。 食べ過ぎ飲みすぎなら解るのですがどうも自宅に長くこもっていたり 普段の生活がなかなか思うようにいかないようなストレスを抱えている方が ほとんどでした。長い間ストレスがあると胃腸の

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477