検索

身体の硬さ

よく患者さんでも身体が硬い方は多いのですがその硬さにも色々あるようです。

専門用語で言えば関節可動域と言いますが医学系を勉強した方ならご存知ですが、このくらいまで関節が動きますよと角度や可動域は一定の基準があります。

まあまれに新体操や軟体を売りにした方はいらっしゃいますがこれは特別な方だと思って下さい。

硬さと言っても股関節が硬いのか、肩甲骨が硬いのか、人によりかなり特徴があります。

ちなみに子供は幼少期みな柔らかいです。硬い子供を見たことがありません。何故硬くなるかは以前遺伝の影響など言われていましたが研究で相関関係は認められませんでした。


そうなると多少の差があれ身体の硬さは後天的なようです。やはりその方の生活パターによりタイト、ソフトと別れているのが特徴だと思います。

これがアスリートだとやはり柔軟性があった方が全般良いのですが競技によってはそこまで気にしないこともあるようです。


私も色々な方を施術してきましたが身体はまさにその方の生き方個性だと思っています。

やはり全般運動習慣がある方のほうが可動域は良い傾向がありますが、あまり運動や筋トレをしすぎて硬くなる方もいるようです。あと普通に運動習慣のないオフィスワーカーの方は全般上半身を動かさないため本来動かせることを忘れてかたまってしまっている方があまりに多いのが気になります。もうそうなると身体も頭も気が付かせるまで時間がかかります。


やはり少しで良いので普段から身体を動かす習慣をしたほうが良いと思います。まずはラジオ体操くらいから始めるのもおすすめです。





61回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

怪我をする前に

自転車に限らずスポーツに怪我はつきものです。競技系のスポーツをしていれば怪我に悩まされる方の多いこと。アクシデント系の怪我なら治療やリハビリで実質休まなければいけませんが、通常の練習やトレーニングなどで痛める方も多いと思います。スポーツとして楽しんでいる方でも怪我は多いのですが大抵無理をしたりトレーニング不足やケア不足などがあります。トレーニングも楽しんでくると徐々に負荷が上がります。目に見えるよ

自粛疲れ

GWも終わり日常生活も戻りつつあります。しかし連休前から東京では緊急事態宣言が出されせっかくのお休みも自宅近辺で過ごすはめになった方も多いと思います。 さすがにもう一年以上もこの状態が続いていて、何か対策もないまま自粛自粛と精神的に疲れてしまっている方も多いようです。 働いている世代はテレワークが定着し運動不足の方が治療院によくみえるようになりました。 あとは高齢者ですが真面目な方は家からほとんど

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完