検索

身体の硬さ

よく患者さんでも身体が硬い方は多いのですがその硬さにも色々あるようです。

専門用語で言えば関節可動域と言いますが医学系を勉強した方ならご存知ですが、このくらいまで関節が動きますよと角度や可動域は一定の基準があります。

まあまれに新体操や軟体を売りにした方はいらっしゃいますがこれは特別な方だと思って下さい。

硬さと言っても股関節が硬いのか、肩甲骨が硬いのか、人によりかなり特徴があります。

ちなみに子供は幼少期みな柔らかいです。硬い子供を見たことがありません。何故硬くなるかは以前遺伝の影響など言われていましたが研究で相関関係は認められませんでした。


そうなると多少の差があれ身体の硬さは後天的なようです。やはりその方の生活パターによりタイト、ソフトと別れているのが特徴だと思います。

これがアスリートだとやはり柔軟性があった方が全般良いのですが競技によってはそこまで気にしないこともあるようです。


私も色々な方を施術してきましたが身体はまさにその方の生き方個性だと思っています。

やはり全般運動習慣がある方のほうが可動域は良い傾向がありますが、あまり運動や筋トレをしすぎて硬くなる方もいるようです。あと普通に運動習慣のないオフィスワーカーの方は全般上半身を動かさないため本来動かせることを忘れてかたまってしまっている方があまりに多いのが気になります。もうそうなると身体も頭も気が付かせるまで時間がかかります。


やはり少しで良いので普段から身体を動かす習慣をしたほうが良いと思います。まずはラジオ体操くらいから始めるのもおすすめです。





61回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

関節痛

年明けになり寒い日が続きます。お年寄りにはポピュラーな病気ですが比較的冬の時期若い方でも関節痛は出やすいのです。原因は人により違いますが大まかに言えば寒さによる血行不良が多いです。本来筋肉には豊富に血流があり筋温も動いたりすれば上がります。しかし関節はどうでしょうか膝、肘、足首など痛みが出やすい関節には大きな筋肉はありません。ほとんど靭帯や骨で構成されています。また関節には厄介なんですが痛みを感受

基礎疾患の怖さ

今年も年の瀬が迫る頃にコロナウイルスの勢いは止まりません。 昨日は残念なニュースが飛び込んできました。羽田雄一郎議員がコロナウイルスの肺炎で死去してしまいました。私の亡き父は雄一郎さんの父羽田孜さんとはとても懇意にしていたので父が生きているときはよく家族で温泉湯治にも行ってました。羽田さんは温泉が多い長野県の方なので温泉が医療や健康に絶対良いはずだと常々言っていました。当時湯治によく行っていた父と

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477