検索

運動と免疫力

運動は身体によい。まさにそのとおりです。週三回ほどの適切な有酸素運動を続けている方は免疫力が上がる効果はあるといわれています。

しかしアスリートの方はまた話は別なようです。実は無酸素運動をするとリンパ球特にNK細胞が下がると研究がされていました。(リンパ球NK細胞はがん細胞などを防御する器官、顆粒球はウイルスに直接攻撃する器官)また慢性疲労とリンパ球は関係がある。ただこれは若い方は回復も早くまだよいのですが中年アスリート私と同世代のアラフォーの方は注意が必要です。そう私など自転車競技をしている30代以上の方は(回復に時間がかかる)もちろん個人差もありますが。人間の免疫系も年代によって回復過程が変化していきます。多少激しい運動をしても20代の若い方はどんどん免疫力があがりますし回復も早いです。これが中年になってくると時間をあけないとなかなか回復が追いつかず1日2時間以内週3程度の運動が適切なようです。また60代になると運動強度をコントロールして下げないといけないようです。とくに激しい運動をしたあと6時間までは免疫系が下がることが報告されているのであまり人ごみや疲労するようなことは避けたほうがよさそうです。私の患者さんの中でも筋疲労はないのに疲労感が抜けないと言ってる方は実は免疫系特にリンパ系が疲労している場合があります。またリンパ球は自律神経や精神的にも影響しているので楽しく運動している時はよいのですが、きついトレーニングで精神面で疲れていては免疫系の疲れも取れずに免疫系の疲労が蓄積してくることもあるようです。私も経験あるのですが自転車のトレーニング後幼稚園児など小さい子供と接触するとたちまち風邪をもらったり疲労が取れなかった記憶があります。皆さんも経験あるのではないでしょうか街中の人混みを歩いていたりするだけで結構疲れることがあると思います。特に激しい運動をしている方は疲労感があるなしにかかわらず運動後は昼寝など休むことをオススメします。それが出来ない環境の方はマッサージやストレッチを利用したりせめて手洗いマスクをしたり激込みの通勤列車を避けるとかしたほうがよいかもしれません。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています