top of page
検索

運動のクールダウンは?

最近運動後のクールダウンが必要ないとの研究が色々出てきました。昔は競技後に軽く走ったり、自転車などローラーを回したり軽い運動をするのが常識でした。

しかし昨今は運動中の乳酸が実は疲労物質ではないとの研究がクールダウンの不必要の考えが進んだようです。

翌日以降のパフォーマンスの影響、疲労への影響も軽い運動のクールダウンする場合としない場合と変わらなかったようです。


そう考えると競技や練習後のクールダウンは人によっては疲労するだけで筋グリコーゲンの減少するだけのようなむしろ疲れているところに余計に疲労をため込む行為のような気もしてきました。まだ運動強度や少々賛否両論はありますが、結果運動後は少し時間をおいてストレッチやマッサージ、ぬる湯や温冷浴などがクールダウンにふさわしい方法だと思いました。いわゆる回復の方向が軽い運動より何もしないよりケアをした方がパフォーマンスが上がることなんでしょうね。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page