検索

靱帯の硬さ

最近ヨガとストレッチをやっている患者さんに聞かれました。ヨガでストレッチをやったら股関節の付け根が痛くなったと。

確かにこちらの患者さんは股関節の柔軟性はあまりないようです。私は筋肉が意識できない方はストレッチは過度にやることはないと思っています。実のところ筋肉を意識して伸ばすより靭帯を伸ばしてしまいこちらの患者さんのように内転筋の起始部を痛めてしまう方も多いからです。以前にも書いたのですが運動経験が少ない方は筋肉がロック状態である。あとはストレッチしても筋肉より靭帯を伸ばしてしまっている。この二点だと思います。靭帯を痛めてしまったらこちらの患者さんにはまずは拮抗筋の中小殿筋群をゆるめて、開脚系のストレッチはやらないようにしてもらいました。あとは歩くときに痛みが出ると代償作用でほかの筋群が痛くなると思うのでそこは十分注意しておきました。靭帯の硬さははっきりいって個性です。硬い人もいれば緩い人もいます。よくバレエダンサーの方は開脚や関節が柔らかくみえますが、靭帯が緩く柔らかい方は踊るときに綺麗な体軸線が出ないとバレエの先生が言っていたのが納得でした。靭帯はしっかりと筋肉は柔軟性があるこれが一番良い状態のようです。野球のピッチャーも肘回りの靭帯は生命線なのがよくわかります。皆さんもストレッチは痛めるためにやるものではないので筋肉を柔らかくして十分注意してください。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています