検索

風邪の対処

最近インフルエンザが流行っているようです。しかし大半の方は風邪の初期で治すのが一番だと思います。

私なりの東洋医学的に風邪に対する対処を書きたいと思います。まずは腎臓膀胱系(いわゆる足が冷えるタイプ)と肺系(咳が出るタイプ)があるようです。腎臓膀胱系の方は引き始めは足湯が一番です。実は寒いから全身浴で汗をかくと案外気化熱でその後に身体が冷えてしまいます。それよりバケツなどでお湯を張って43度前後少し熱めくらいのお湯にくるぶしが隠れる程度まで6分前後つかります。そうすることで案外汗を余計にかかずに身体が温まります。これを朝晩やるのが効果的です。お湯は3分ぐらいで冷めてくるのでポットで挿し湯をするのがよいでしょう。肺系のタイプの方は脚湯です。こちらはお風呂で膝上くらいまで6分間前後温めます。風呂場の蒸気も吸えますのでちょうど良いと思います。こちらも温度は43度前後少し熱めがよいです。こちらは寝る前にやるのが効果的です。私も風邪気味のときはすぐにこちらの脚湯と足湯をやります。食事で温かいものを摂るのもそうですが外からの熱を加えたほうが体温は比較的上がりますので是非お試しください。また上半身がゆるんで温まり寝つきも良くなります。あとは睡眠をきちんと取るのが早く風邪を治す近道だと思います。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています