検索

風邪の対処

最近インフルエンザが流行っているようです。しかし大半の方は風邪の初期で治すのが一番だと思います。

私なりの東洋医学的に風邪に対する対処を書きたいと思います。まずは腎臓膀胱系(いわゆる足が冷えるタイプ)と肺系(咳が出るタイプ)があるようです。腎臓膀胱系の方は引き始めは足湯が一番です。実は寒いから全身浴で汗をかくと案外気化熱でその後に身体が冷えてしまいます。それよりバケツなどでお湯を張って43度前後少し熱めくらいのお湯にくるぶしが隠れる程度まで6分前後つかります。そうすることで案外汗を余計にかかずに身体が温まります。これを朝晩やるのが効果的です。お湯は3分ぐらいで冷めてくるのでポットで挿し湯をするのがよいでしょう。肺系のタイプの方は脚湯です。こちらはお風呂で膝上くらいまで6分間前後温めます。風呂場の蒸気も吸えますのでちょうど良いと思います。こちらも温度は43度前後少し熱めがよいです。こちらは寝る前にやるのが効果的です。私も風邪気味のときはすぐにこちらの脚湯と足湯をやります。食事で温かいものを摂るのもそうですが外からの熱を加えたほうが体温は比較的上がりますので是非お試しください。また上半身がゆるんで温まり寝つきも良くなります。あとは睡眠をきちんと取るのが早く風邪を治す近道だと思います。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完

マインドフルネスと禅

昨今マインドフルネスという言葉を盛んに見かけると思います。 要約すれば瞑想ですが医療心理学的にはジョンガバットジンが心理学の集点化理論と組み合わせて臨床的に体系化したもので心をリラックスしたりストレスを緩和したり思考を制御したりするものと言われています。日本人から見れば心理学的治療に見えますが実は東洋思想仏教の禅から由来されてると言われています。 私は幼少から父の影響で坐禅を組むことをよくしていま

胃腸障害

ここ最近胃腸障害の患者さんが多いようです。 やはり自粛生活による運動不足やストレスなどで胃腸の調子が悪い方がいます。 胃もたれや食後の胸焼け、お腹の膨満感など人により様々ですが 長く続く場合は病院での検査を勧めています。 食べ過ぎ飲みすぎなら解るのですがどうも自宅に長くこもっていたり 普段の生活がなかなか思うようにいかないようなストレスを抱えている方が ほとんどでした。長い間ストレスがあると胃腸の

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477