検索

風邪の対処

最近インフルエンザが流行っているようです。しかし大半の方は風邪の初期で治すのが一番だと思います。

私なりの東洋医学的に風邪に対する対処を書きたいと思います。まずは腎臓膀胱系(いわゆる足が冷えるタイプ)と肺系(咳が出るタイプ)があるようです。腎臓膀胱系の方は引き始めは足湯が一番です。実は寒いから全身浴で汗をかくと案外気化熱でその後に身体が冷えてしまいます。それよりバケツなどでお湯を張って43度前後少し熱めくらいのお湯にくるぶしが隠れる程度まで6分前後つかります。そうすることで案外汗を余計にかかずに身体が温まります。これを朝晩やるのが効果的です。お湯は3分ぐらいで冷めてくるのでポットで挿し湯をするのがよいでしょう。肺系のタイプの方は脚湯です。こちらはお風呂で膝上くらいまで6分間前後温めます。風呂場の蒸気も吸えますのでちょうど良いと思います。こちらも温度は43度前後少し熱めがよいです。こちらは寝る前にやるのが効果的です。私も風邪気味のときはすぐにこちらの脚湯と足湯をやります。食事で温かいものを摂るのもそうですが外からの熱を加えたほうが体温は比較的上がりますので是非お試しください。また上半身がゆるんで温まり寝つきも良くなります。あとは睡眠をきちんと取るのが早く風邪を治す近道だと思います。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

足のトラブル

先日いらした膝痛の患者さんですがよくよく身体を診ていくと足の外反母趾が相当ひどい状態でした。もちろん膝の痛みが出ているのでX脚気味ではありますがどうも外反母趾を何とかしないと歩行に問題も出ています。もはや骨の変形がすすんでしまっていますが足のマッサージと指圧をするとアーチが戻り若干親指も開くようになりました。今後は自宅でもマッサージと足の指の筋トレとストレッチを指導して毎日やってもらうことにしまし

力の入れ方抜き方

最近は筋トレブームでトレーニングに励む方も多くいらっしゃいます。力を入れることはとても意識しやすく筋肉も増えていくのでとても満足感があります。 ところがいざ色々なスポーツの場面では力を入れる、力を抜くの連続です。思うに一流アスリートはパワーもありますが力の抜き方も熟知している天才なのではないでしょうか。 マッサージや指圧でもたまにいらっしゃるのですが力を抜いてくださいと言っても余計に硬くなる方もい

内臓脂肪型肥満

最近電車に乗ると以前に比べて通勤電車で小太りの男性が増えたような気がします。 やはりコロナ中で運動不足や食事の乱れがあり肥満体になる方が 増えているようです。現実にもコロナ最中にテレワークや運動不足などで太った方が増えたとのデータがありました。 その中でも内臓脂肪はあまりよくありません。内臓周辺に蓄積する脂肪は 代謝が盛んで血中脂質濃度を高めてしまいます。インスリン抵抗性も悪くなり 脂質異常や糖尿