top of page
検索

風邪の対処

最近インフルエンザが流行っているようです。しかし大半の方は風邪の初期で治すのが一番だと思います。

私なりの東洋医学的に風邪に対する対処を書きたいと思います。まずは腎臓膀胱系(いわゆる足が冷えるタイプ)と肺系(咳が出るタイプ)があるようです。腎臓膀胱系の方は引き始めは足湯が一番です。実は寒いから全身浴で汗をかくと案外気化熱でその後に身体が冷えてしまいます。それよりバケツなどでお湯を張って43度前後少し熱めくらいのお湯にくるぶしが隠れる程度まで6分前後つかります。そうすることで案外汗を余計にかかずに身体が温まります。これを朝晩やるのが効果的です。お湯は3分ぐらいで冷めてくるのでポットで挿し湯をするのがよいでしょう。肺系のタイプの方は脚湯です。こちらはお風呂で膝上くらいまで6分間前後温めます。風呂場の蒸気も吸えますのでちょうど良いと思います。こちらも温度は43度前後少し熱めがよいです。こちらは寝る前にやるのが効果的です。私も風邪気味のときはすぐにこちらの脚湯と足湯をやります。食事で温かいものを摂るのもそうですが外からの熱を加えたほうが体温は比較的上がりますので是非お試しください。また上半身がゆるんで温まり寝つきも良くなります。あとは睡眠をきちんと取るのが早く風邪を治す近道だと思います。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page