top of page
検索

食べたら動く

写真左から ブロッコリーとカリフラワーの塩茹で 南瓜の煮物 すき昆布の煮物 はすのきんぴら パプリカの梅酢和え

写真奥 きゅうりの糠漬け

(上記写真全て油・砂糖・動物性食品不使用で調理しています)



毎日寒い日が続いていますね📷

寒さに加え、年末年始の暴飲暴食が響き、未だ体が本調子に戻らない患者さまが多くみられます。

野菜中心の薄味な胃腸に優しい食事を心がけると共に、「食べ過ぎたら、その分は動いて消費する!」を常に心がけてみて下さい。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page