top of page
検索

心と身体

居士会には病気の方も多数いらっしゃいます。やはり身体の不調は心も非常に関係してると思います。病は気からと言いますが、病気の半分は心と関係してると思うのです。それだけ精神的なものは免疫にも非常に関係があります。 特に重い病気の方は精神的にかなり疲れている方がほとんどです。身体と心、やはり心身一如。悩みや苦痛があると免疫が落ちるのです。環境、心、身体、食事、すべてがバランスしてこそ健康になるのだともいます。現代生活ではすべてをバランスをとることはなかなか困難ですが、より自然な生活に近づくことで心身共にバランスが取れるのだと思います。



疲れ、悩み、など普段気にすることが多いでしょうがその中で切り替えがきちんと出来ることも必要でしょう。そのために居士会では坐禅も薦めています。精神のリセットには最適だと思うのです。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

Comments


bottom of page