検索

心筋梗塞

昨年俳優の大杉漣さんが心筋梗塞でお亡くなりになりました。年齢的に66歳ですからリスクはあったのかもしれません。

最近は長寿になってきたのですが、日本でも心筋梗塞で亡くなる方は案外多いのです。 しかも案外若い人も多いのです。最近知り合いの息子さんが30代で夜中麻雀中に突然亡くなりました。特に心疾患はなかったようです。

心筋梗塞で亡くなるときは睡眠中が一番多くて、後は休息中、飲酒中、入浴中や運動中などです。

これを見てもよく言われているのが脱水です。お年寄りなどは夜中にトイレに行くのがめんどくさいので睡眠前や睡眠途中で水分をとらないことが多く冬でも脱水になっていることが多いようです。

あと普通の中高年の方でも夏場もそうですが冬場ランニングや自転車トレーニング中案外脱水症状を起こしていることがあります。そうすると疲労感が残ったり特に基礎疾患(糖尿、高血圧、代謝異常など)がある方は心筋梗塞になるリスクにもなります。せっかくメタボ体系改善のため始めた運動で身体を壊していては本末転倒です。

今後中高年のダイエット目的でランニングや自転車などは大変注目されています。しかし先ほどの基礎疾患がある方を含めて睡眠など自分の体調をよく見てこまめに水分補給しながら運動をしてほしいと思います。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完

マインドフルネスと禅

昨今マインドフルネスという言葉を盛んに見かけると思います。 要約すれば瞑想ですが医療心理学的にはジョンガバットジンが心理学の集点化理論と組み合わせて臨床的に体系化したもので心をリラックスしたりストレスを緩和したり思考を制御したりするものと言われています。日本人から見れば心理学的治療に見えますが実は東洋思想仏教の禅から由来されてると言われています。 私は幼少から父の影響で坐禅を組むことをよくしていま

胃腸障害

ここ最近胃腸障害の患者さんが多いようです。 やはり自粛生活による運動不足やストレスなどで胃腸の調子が悪い方がいます。 胃もたれや食後の胸焼け、お腹の膨満感など人により様々ですが 長く続く場合は病院での検査を勧めています。 食べ過ぎ飲みすぎなら解るのですがどうも自宅に長くこもっていたり 普段の生活がなかなか思うようにいかないようなストレスを抱えている方が ほとんどでした。長い間ストレスがあると胃腸の

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477