top of page
検索

玉川温泉

私の父常正は温泉を研究して50年日本や世界中の温泉を研究してきました。 私も幼いころから旅行といえば温泉地にしか行ったことがないくらい、日本中や世界の温泉に入ってきました。 その中でも別格なのが秋田県にある玉川温泉。父の著書も約18年ほど前から玉川温泉で難病を克服する法 はかなりの反響がある本でした。 私も玉川温泉へ通うこと30年前から行っておりましたが、現在は交通のアクセスも良くなり、宿も3件になり昔ほど 予約がとりにくい状況ではないようです。

詳しくは父の著書を読んでいただければわかりますが、自然と共にとても力の強い温泉です。 最近は関東でもボーリングにより温泉を掘り当て施設も増えましたが、やはり温泉にも力のある温泉は自然と湧き出している湯量の多い温泉がベストです。その点玉川温泉は毎分9000リッターもでる湯量も泉質も日本1だと思います。この強酸性の温泉とその湯の花でできた北投石に含まれるラジウムが人間の免疫力を高め難病によいと言われています。 現にここで湯治をして難病を克服する方を私は何十人と接してきました。色々研究を重ねた結果父はその源はラジウムにあることに気が付きその研究の著書も何冊かが出版されています。

湯治、食事、瞬間調身法、坐禅。この4点が身体を調える方法なのだと思います。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page