検索

胴体とは

最近は体幹ブームで雑誌や専門書も多数出て本当に流行ってますね。

トレーニング方法を見ても硬めることの多いメソッドが多いような気がします。しかし日常的に身体を使うなら動くのが当たり前でスポーツも動きがあってこそです。強靭な筋肉があれば走るのが速くなるのかと考えるとまた違う気がします。私は老人の方やリハビリが必要な患者さんと接しているとあることに気がつきます。動くべき所が動かない。使われるべき所が使わない為に退化し筋肉が萎縮していることがほとんどです。また良い姿勢をとる(あるべきところにある身体の軸)センサーも狂っているのも問題です。実は健常者の方もほとんどがそのような方が多い気がします。四肢を鍛えたり柔軟性があることは良いと思うことはありますが、けして四肢が硬いから悪いわけではないと思うのです。胴体部を硬めるより細分化して動きを出すことのほうが重要なんだといます。私は肩甲骨や肋骨や背骨がより柔軟に四肢と連動して動くのが一番だと思っています。またそれを動かすセンサー部を発揮したり脳とのフィードバックもとても重要なことだと思います。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています