検索

胴体とは

最近は体幹ブームで雑誌や専門書も多数出て本当に流行ってますね。

トレーニング方法を見ても硬めることの多いメソッドが多いような気がします。しかし日常的に身体を使うなら動くのが当たり前でスポーツも動きがあってこそです。強靭な筋肉があれば走るのが速くなるのかと考えるとまた違う気がします。私は老人の方やリハビリが必要な患者さんと接しているとあることに気がつきます。動くべき所が動かない。使われるべき所が使わない為に退化し筋肉が萎縮していることがほとんどです。また良い姿勢をとる(あるべきところにある身体の軸)センサーも狂っているのも問題です。実は健常者の方もほとんどがそのような方が多い気がします。四肢を鍛えたり柔軟性があることは良いと思うことはありますが、けして四肢が硬いから悪いわけではないと思うのです。胴体部を硬めるより細分化して動きを出すことのほうが重要なんだといます。私は肩甲骨や肋骨や背骨がより柔軟に四肢と連動して動くのが一番だと思っています。またそれを動かすセンサー部を発揮したり脳とのフィードバックもとても重要なことだと思います。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

足のトラブル

先日いらした膝痛の患者さんですがよくよく身体を診ていくと足の外反母趾が相当ひどい状態でした。もちろん膝の痛みが出ているのでX脚気味ではありますがどうも外反母趾を何とかしないと歩行に問題も出ています。もはや骨の変形がすすんでしまっていますが足のマッサージと指圧をするとアーチが戻り若干親指も開くようになりました。今後は自宅でもマッサージと足の指の筋トレとストレッチを指導して毎日やってもらうことにしまし

力の入れ方抜き方

最近は筋トレブームでトレーニングに励む方も多くいらっしゃいます。力を入れることはとても意識しやすく筋肉も増えていくのでとても満足感があります。 ところがいざ色々なスポーツの場面では力を入れる、力を抜くの連続です。思うに一流アスリートはパワーもありますが力の抜き方も熟知している天才なのではないでしょうか。 マッサージや指圧でもたまにいらっしゃるのですが力を抜いてくださいと言っても余計に硬くなる方もい

内臓脂肪型肥満

最近電車に乗ると以前に比べて通勤電車で小太りの男性が増えたような気がします。 やはりコロナ中で運動不足や食事の乱れがあり肥満体になる方が 増えているようです。現実にもコロナ最中にテレワークや運動不足などで太った方が増えたとのデータがありました。 その中でも内臓脂肪はあまりよくありません。内臓周辺に蓄積する脂肪は 代謝が盛んで血中脂質濃度を高めてしまいます。インスリン抵抗性も悪くなり 脂質異常や糖尿