検索

五十肩

ここのところ五十肩の患者さんが多くいらっしゃいました。冷房が入りだしたタイミングで多くなった気がします。肩関節周囲炎。まあ肩回りの靭帯筋の炎症です。動かさないために上がらなくなる方がほとんどです。確かに日常生活で肩より上に手を挙げることなどほとんどありません。そうして肩甲骨や肩回りが拘縮していきます。

ほとんどの方が1年以内に楽にはなるのですが、まず痛み始めの炎症急性期期(とにかく少しでも動かすと痛い)→拘縮期(痛みが徐々にひいても動かしにくい)→回復期(だいぶ動いてきて日常生活に支障がないくらい動く)実際の場合何も対処しなければ1年くらいかかる方が多いです。でも私が指導して拘縮期からマッサージやストレッチをすると3ヶ月から半年で回復期になります。簡単に言えばリハビリなんです。朝晩運動やストレッチを根気良く続けられるかが治る速さにつながっていると思います。私の場合朝5分夜入浴後10分くらいやってもらっています。逆に2週間くらいですぐに治ってしまう方も多いのでとにかく急性期が終わったらよく動かすことをお勧めします。ちなみに靭帯筋断裂やリウマチの場合もあるので夜間痛や何もしないのに痛みが続く場合は病院へ検査に行ってもらうようにします。他の病気が隠れている可能性もあります。ご注意ください。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが