検索

五十肩

ここのところ五十肩の患者さんが多くいらっしゃいました。冷房が入りだしたタイミングで多くなった気がします。肩関節周囲炎。まあ肩回りの靭帯筋の炎症です。動かさないために上がらなくなる方がほとんどです。確かに日常生活で肩より上に手を挙げることなどほとんどありません。そうして肩甲骨や肩回りが拘縮していきます。

ほとんどの方が1年以内に楽にはなるのですが、まず痛み始めの炎症急性期期(とにかく少しでも動かすと痛い)→拘縮期(痛みが徐々にひいても動かしにくい)→回復期(だいぶ動いてきて日常生活に支障がないくらい動く)実際の場合何も対処しなければ1年くらいかかる方が多いです。でも私が指導して拘縮期からマッサージやストレッチをすると3ヶ月から半年で回復期になります。簡単に言えばリハビリなんです。朝晩運動やストレッチを根気良く続けられるかが治る速さにつながっていると思います。私の場合朝5分夜入浴後10分くらいやってもらっています。逆に2週間くらいですぐに治ってしまう方も多いのでとにかく急性期が終わったらよく動かすことをお勧めします。ちなみに靭帯筋断裂やリウマチの場合もあるので夜間痛や何もしないのに痛みが続く場合は病院へ検査に行ってもらうようにします。他の病気が隠れている可能性もあります。ご注意ください。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

筋肉痛

皆さんも運動後に筋肉痛になることは多いのではないでしょうか。筋肉痛は元々遅発性筋痛と言います。運動後に痛みがくるからです。どちらかと言えば伸展動作の筋肉を痛めやすいのですが運動不足やいつもと違う動きをした時にもなることがあります。特段筋トレをしない方でもたまにランニングやちょっとした重労働をした時にも発生します。私は自転車競技をしていますがやはり普段より強度が高かったり坂を長く走ったりすればたまに

関節痛

年明けになり寒い日が続きます。お年寄りにはポピュラーな病気ですが比較的冬の時期若い方でも関節痛は出やすいのです。原因は人により違いますが大まかに言えば寒さによる血行不良が多いです。本来筋肉には豊富に血流があり筋温も動いたりすれば上がります。しかし関節はどうでしょうか膝、肘、足首など痛みが出やすい関節には大きな筋肉はありません。ほとんど靭帯や骨で構成されています。また関節には厄介なんですが痛みを感受

基礎疾患の怖さ

今年も年の瀬が迫る頃にコロナウイルスの勢いは止まりません。 昨日は残念なニュースが飛び込んできました。羽田雄一郎議員がコロナウイルスの肺炎で死去してしまいました。私の亡き父は雄一郎さんの父羽田孜さんとはとても懇意にしていたので父が生きているときはよく家族で温泉湯治にも行ってました。羽田さんは温泉が多い長野県の方なので温泉が医療や健康に絶対良いはずだと常々言っていました。当時湯治によく行っていた父と

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477