top of page
検索

五十肩

ここのところ五十肩の患者さんが多くいらっしゃいました。冷房が入りだしたタイミングで多くなった気がします。肩関節周囲炎。まあ肩回りの靭帯筋の炎症です。動かさないために上がらなくなる方がほとんどです。確かに日常生活で肩より上に手を挙げることなどほとんどありません。そうして肩甲骨や肩回りが拘縮していきます。

ほとんどの方が1年以内に楽にはなるのですが、まず痛み始めの炎症急性期期(とにかく少しでも動かすと痛い)→拘縮期(痛みが徐々にひいても動かしにくい)→回復期(だいぶ動いてきて日常生活に支障がないくらい動く)実際の場合何も対処しなければ1年くらいかかる方が多いです。でも私が指導して拘縮期からマッサージやストレッチをすると3ヶ月から半年で回復期になります。簡単に言えばリハビリなんです。朝晩運動やストレッチを根気良く続けられるかが治る速さにつながっていると思います。私の場合朝5分夜入浴後10分くらいやってもらっています。逆に2週間くらいですぐに治ってしまう方も多いのでとにかく急性期が終わったらよく動かすことをお勧めします。ちなみに靭帯筋断裂やリウマチの場合もあるので夜間痛や何もしないのに痛みが続く場合は病院へ検査に行ってもらうようにします。他の病気が隠れている可能性もあります。ご注意ください。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

Comments


bottom of page