検索

気象病

最終更新: 2020年12月7日

3月に入り天候が目まぐるしく変わる日々が続いています。急に気温が下がったかと思えば翌日には10度以上気温が上がることもあり健康な方でも不調を訴える方が多くなりました。

天候で頭痛になったり関節痛がでたり

体がだるくなったりすることは昔から言われていましたが、最近になってようやく研究が進み”気象病”という名前が付けられるようになりました


昔より気候変動が大きくなっていることもありますが、今はエアコンの普及などにより気温が一定になることで快適なのは良いのですが自律神経の幅が狭くなり急激な天候不順や気温差に体がついてこなくなっている方が増えています。要はからだにかかるストレス耐性弱くなっているのです。


一番良いのはやはり規則正しい生活と外に出て汗をかくくらいの運動、マッサージなどリラックスすることも必要です。私のお勧めは温冷浴です。温冷浴は心疾患やお年寄りには勧められませんが自律神経を鍛えるには良いと思います。あまりにも快適すぎる空間も良いのですが今後も気候変動や気温差がひどくなる一方なので体を鍛えるのも必要だと思います。

36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

関節痛

年明けになり寒い日が続きます。お年寄りにはポピュラーな病気ですが比較的冬の時期若い方でも関節痛は出やすいのです。原因は人により違いますが大まかに言えば寒さによる血行不良が多いです。本来筋肉には豊富に血流があり筋温も動いたりすれば上がります。しかし関節はどうでしょうか膝、肘、足首など痛みが出やすい関節には大きな筋肉はありません。ほとんど靭帯や骨で構成されています。また関節には厄介なんですが痛みを感受

基礎疾患の怖さ

今年も年の瀬が迫る頃にコロナウイルスの勢いは止まりません。 昨日は残念なニュースが飛び込んできました。羽田雄一郎議員がコロナウイルスの肺炎で死去してしまいました。私の亡き父は雄一郎さんの父羽田孜さんとはとても懇意にしていたので父が生きているときはよく家族で温泉湯治にも行ってました。羽田さんは温泉が多い長野県の方なので温泉が医療や健康に絶対良いはずだと常々言っていました。当時湯治によく行っていた父と

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477