検索

気象病

3月に入り天候が目まぐるしく変わる日々が続いています。急に気温が下がったかと思えば翌日には10度以上気温が上がることもあり健康な方でも不調を訴える方が多くなりました。

天候で頭痛になったり関節痛がでたり

体がだるくなったりすることは昔から言われていましたが、最近になってようやく研究が進み”気象病”という名前が付けられるようになりました


昔より気候変動が大きくなっていることもありますが、今はエアコンの普及などにより気温が一定になることで快適なのは良いのですが自律神経の幅が狭くなり急激な天候不順や気温差に体がついてこなくなっている方が増えています。要はからだにかかるストレス耐性弱くなっているのです。


一番良いのはやはり規則正しい生活と外に出て汗をかくくらいの運動、マッサージなどリラックスすることも必要です。私のお勧めは温冷浴です。温冷浴は心疾患やお年寄りには勧められませんが自律神経を鍛えるには良いと思います。あまりにも快適すぎる空間も良いのですが今後も気候変動や気温差がひどくなる一方なので体を鍛えるのも必要だと思います。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが