検索

温冷浴

最近急に寒くなってきました。特に今の時期は寒暖差が激しく体調を崩す方も多いと思います。

そんなこの時期にもお勧めなのが温冷浴です。もともと自律神経やアレルギーの方、スポーツ後の筋疲労回復にも向いているので私は特に冬場にやっていると花粉症が楽なようです。温冷浴は血管の収縮と拡張を短時間交互に行われ、交感神経と副交感神経を刺激して自律神経を安定させます。また各種ホルモンが分泌されスポーツ後の疲労回復や筋疲労にも効果があるといわれています。自宅でのやり方としては冬場でしたら40度から45℃のお湯に入ります。その後冷水シャワーを頭から1分間かけます。また再びお湯に入ります。この繰り返しを3回から10回程度繰り返します。最後は必ず冷水で終わりにします。温度差は30度前後あると良いとされています。ですので夏場はお湯の温度を上げた方が良いと思います。お湯につかる時間や回数は個人差がありますが水シャワーは最初は辛いですが回数を重ねると水がそれほど辛くなくなります。私は4,5回繰り返すと水が冷たく感じなくなるので終わりにします。またきちんと水分補給もしてください。あとは銭湯や温泉施設にも水風呂は大体ありますのでこちらの方がシャワーよりは効果が高いと思います。サウナでも代用できます。また循環器系や心臓の悪い方、高血圧の方はお勧めいたしません。ご注意ください。是非温冷浴で疲労回復を。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

筋肉痛

皆さんも運動後に筋肉痛になることは多いのではないでしょうか。筋肉痛は元々遅発性筋痛と言います。運動後に痛みがくるからです。どちらかと言えば伸展動作の筋肉を痛めやすいのですが運動不足やいつもと違う動きをした時にもなることがあります。特段筋トレをしない方でもたまにランニングやちょっとした重労働をした時にも発生します。私は自転車競技をしていますがやはり普段より強度が高かったり坂を長く走ったりすればたまに

関節痛

年明けになり寒い日が続きます。お年寄りにはポピュラーな病気ですが比較的冬の時期若い方でも関節痛は出やすいのです。原因は人により違いますが大まかに言えば寒さによる血行不良が多いです。本来筋肉には豊富に血流があり筋温も動いたりすれば上がります。しかし関節はどうでしょうか膝、肘、足首など痛みが出やすい関節には大きな筋肉はありません。ほとんど靭帯や骨で構成されています。また関節には厄介なんですが痛みを感受

基礎疾患の怖さ

今年も年の瀬が迫る頃にコロナウイルスの勢いは止まりません。 昨日は残念なニュースが飛び込んできました。羽田雄一郎議員がコロナウイルスの肺炎で死去してしまいました。私の亡き父は雄一郎さんの父羽田孜さんとはとても懇意にしていたので父が生きているときはよく家族で温泉湯治にも行ってました。羽田さんは温泉が多い長野県の方なので温泉が医療や健康に絶対良いはずだと常々言っていました。当時湯治によく行っていた父と

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477