top of page
検索

温冷浴

最近急に寒くなってきました。特に今の時期は寒暖差が激しく体調を崩す方も多いと思います。

そんなこの時期にもお勧めなのが温冷浴です。もともと自律神経やアレルギーの方、スポーツ後の筋疲労回復にも向いているので私は特に冬場にやっていると花粉症が楽なようです。温冷浴は血管の収縮と拡張を短時間交互に行われ、交感神経と副交感神経を刺激して自律神経を安定させます。また各種ホルモンが分泌されスポーツ後の疲労回復や筋疲労にも効果があるといわれています。自宅でのやり方としては冬場でしたら40度から45℃のお湯に入ります。その後冷水シャワーを頭から1分間かけます。また再びお湯に入ります。この繰り返しを3回から10回程度繰り返します。最後は必ず冷水で終わりにします。温度差は30度前後あると良いとされています。ですので夏場はお湯の温度を上げた方が良いと思います。お湯につかる時間や回数は個人差がありますが水シャワーは最初は辛いですが回数を重ねると水がそれほど辛くなくなります。私は4,5回繰り返すと水が冷たく感じなくなるので終わりにします。またきちんと水分補給もしてください。あとは銭湯や温泉施設にも水風呂は大体ありますのでこちらの方がシャワーよりは効果が高いと思います。サウナでも代用できます。また循環器系や心臓の悪い方、高血圧の方はお勧めいたしません。ご注意ください。是非温冷浴で疲労回復を。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page