検索

神経痛

寒かったり暑かったりと暑さ寒さがジェットコースターのように変わる気候です。

そうなるとこの時期に多いのは神経痛症状を訴える方です。先日も気温が下がったとたん何人かの患者さんが神経痛症状をおっしゃってきました。別段お年寄りだけの病気ではなく、若い人も多いのが特徴です。夏場エアコンやこの時期に睡眠中冷えて神経痛症状を訴える方も多いのです。神経は何かで損傷して痛みを発するものもあるのですが、以前骨折や神経痛になったことで再び何かの刺激により繰り返し痛みを発することがあります。高齢者に多いのは疲労や外的寒暖差などのものが多く、若い人の神経痛はケガの後遺症やストレス的なものが多いようです。先日も30代の女性でしたが坐骨神経痛を訴えていました。ラセーグが少々ありましたが元々長時間座る職業の方なので毎年10月から11月の寒暖差が激しくなると痛みが出るようです。もちろん冬場の寒い時も出やすいです。極力痛みを持続させないためにもいろいろ対策をお教えしました。もちろん歩行困難くらいになれば神経ブロックなどの外科的処置も必要になりますが大体の場合治療、体操、入浴などで回復に向かうことが多いです。神経痛は痛くなったら我慢せず早め早めの対策で痛みを長引かせないことが重要だと思います。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

筋肉痛

皆さんも運動後に筋肉痛になることは多いのではないでしょうか。筋肉痛は元々遅発性筋痛と言います。運動後に痛みがくるからです。どちらかと言えば伸展動作の筋肉を痛めやすいのですが運動不足やいつもと違う動きをした時にもなることがあります。特段筋トレをしない方でもたまにランニングやちょっとした重労働をした時にも発生します。私は自転車競技をしていますがやはり普段より強度が高かったり坂を長く走ったりすればたまに

関節痛

年明けになり寒い日が続きます。お年寄りにはポピュラーな病気ですが比較的冬の時期若い方でも関節痛は出やすいのです。原因は人により違いますが大まかに言えば寒さによる血行不良が多いです。本来筋肉には豊富に血流があり筋温も動いたりすれば上がります。しかし関節はどうでしょうか膝、肘、足首など痛みが出やすい関節には大きな筋肉はありません。ほとんど靭帯や骨で構成されています。また関節には厄介なんですが痛みを感受

基礎疾患の怖さ

今年も年の瀬が迫る頃にコロナウイルスの勢いは止まりません。 昨日は残念なニュースが飛び込んできました。羽田雄一郎議員がコロナウイルスの肺炎で死去してしまいました。私の亡き父は雄一郎さんの父羽田孜さんとはとても懇意にしていたので父が生きているときはよく家族で温泉湯治にも行ってました。羽田さんは温泉が多い長野県の方なので温泉が医療や健康に絶対良いはずだと常々言っていました。当時湯治によく行っていた父と

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477