検索

関節痛

ようやく秋らしい気候になりました。昨今は残暑が長いですが9月は天候がよくなく早めに涼しくなりました。しかし天候が悪かったり、急な温度低下は身体には良くありません。

特に関節は冷えには弱くダメージを受けやすいです。元々人は関節の塊ですから関節痛を避けることは生きていくうえで難しいのかもしれません。

若い方に多いのは運動などで痛めるケースです。対処法は色々ですが基本急性な炎症ぎっくり腰や膝に水がたまったなどの場合は冷やすことです。しかし慢性な痛みの場合は温めることです。特に運動後の痛みなどは急性が多く、日常で運動もせず痛むのは慢性痛が多いです。見分けがつかないならどちらかをやってみて痛みが軽くなる方をお勧めします。特に慢性痛は体重の増加や加齢、怪我の後遺症が多く運動療法や保温療法がおすすめです。温泉も良いですね。関節痛に効く温泉は日本にはとても多いです。

中年以降に多い関節痛はもはやほとんどの方が経験します。膝などは変形性関節症になる方も多く腰部や頸部なども年と共に変形していく方はとても多いのです。老化現象といえば仕方ないのですがいかに老化を遅らせるか、関節に負担をかけない生活をしたり運動で予防することもできます。一つは体重を増やしすぎないこと。日常でも運動やストレッチなど筋力を衰えないようにすることです。

私は運動療法と温泉療法がおすすめです。日本は温泉大国ですか自然の恵みを生かし高年でも運動リハビリと並行するのがとても良いと思います。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが