top of page
検索

関節痛

年明けになり寒い日が続きます。お年寄りにはポピュラーな病気ですが比較的冬の時期若い方でも関節痛は出やすいのです。原因は人により違いますが大まかに言えば寒さによる血行不良が多いです。本来筋肉には豊富に血流があり筋温も動いたりすれば上がります。しかし関節はどうでしょうか膝、肘、足首など痛みが出やすい関節には大きな筋肉はありません。ほとんど靭帯や骨で構成されています。また関節には厄介なんですが痛みを感受する神経が多いのが特徴です。想像しても寒い中無理に運動したり体が温まらにうちに運動を急に始めれば痛めてしまうのもわかると思います。比較的関節に付属している靭帯、腱が元々痛めやすい部位でもあるのですが寒さによりよりリスクが上がるようです。

対処法はやはり外の運動なら極力寒い時間はさける、ウォームアップや関節を動かす体操をする、ホットオイルを関節や筋肉に塗り込むなどです。しかし炎症性の痛みが出ている場合は対処法は別ですのであくまでも安静や様子を見ながら無負荷で膝など動かしつつ様子を見て運動を徐々に始めてください。寒い中でも運動はよいのですがきちんと対処して楽しみましょう。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page