検索

痛み

神経痛や頭痛など普段から人間は痛みを感じる生き物です。そこには諸説ありますが生命が生きながらえる為の根源感覚が痛みだと聞いたことがあります。

しかし辛い痛みもついつい鎮痛剤など薬に頼る方も多いと思います。痛みの感覚も人それぞれで感受性が高い方はより痛みを感じやすく、そうでもない方はそこまで感じないようです。しかし鎮静剤などは昨今アメリカなどでは合成麻薬のような使われ方をして問題になっているようです。日本にもその波が来ているようですけど。怖い話です。さて痛みの感受性がここまで違うのはやはり副腎から出るステロイドホルモンの量にもよるのではないでしょうか。あとは精神状態にもより痛みの感覚がだいぶ違うようです。慢性的に頭痛などで頻繁に鎮痛薬を飲んでいる方は徐々に効かなくなるようです。ですので身体のほうの痛み止めを最大発揮することも必要だと思います。私は慢性神経痛や頭痛など患者さんを長く見ていると痛みを強く感じる方はかなりストレスがたまっている方に多くみられました。また普段運動をせず筋肉痛にもなったことがない生活をしている方も同様です。生活の中でこの2点を改善していくと痛みの感受性が和らぐほうに向かうと思っています。身体の中に痛みに耐えるストレス耐性も多少は必要なことだと思います。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています