検索

痛み

神経痛や頭痛など普段から人間は痛みを感じる生き物です。そこには諸説ありますが生命が生きながらえる為の根源感覚が痛みだと聞いたことがあります。

しかし辛い痛みもついつい鎮痛剤など薬に頼る方も多いと思います。痛みの感覚も人それぞれで感受性が高い方はより痛みを感じやすく、そうでもない方はそこまで感じないようです。しかし鎮静剤などは昨今アメリカなどでは合成麻薬のような使われ方をして問題になっているようです。日本にもその波が来ているようですけど。怖い話です。さて痛みの感受性がここまで違うのはやはり副腎から出るステロイドホルモンの量にもよるのではないでしょうか。あとは精神状態にもより痛みの感覚がだいぶ違うようです。慢性的に頭痛などで頻繁に鎮痛薬を飲んでいる方は徐々に効かなくなるようです。ですので身体のほうの痛み止めを最大発揮することも必要だと思います。私は慢性神経痛や頭痛など患者さんを長く見ていると痛みを強く感じる方はかなりストレスがたまっている方に多くみられました。また普段運動をせず筋肉痛にもなったことがない生活をしている方も同様です。生活の中でこの2点を改善していくと痛みの感受性が和らぐほうに向かうと思っています。身体の中に痛みに耐えるストレス耐性も多少は必要なことだと思います。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

関節痛

年明けになり寒い日が続きます。お年寄りにはポピュラーな病気ですが比較的冬の時期若い方でも関節痛は出やすいのです。原因は人により違いますが大まかに言えば寒さによる血行不良が多いです。本来筋肉には豊富に血流があり筋温も動いたりすれば上がります。しかし関節はどうでしょうか膝、肘、足首など痛みが出やすい関節には大きな筋肉はありません。ほとんど靭帯や骨で構成されています。また関節には厄介なんですが痛みを感受

基礎疾患の怖さ

今年も年の瀬が迫る頃にコロナウイルスの勢いは止まりません。 昨日は残念なニュースが飛び込んできました。羽田雄一郎議員がコロナウイルスの肺炎で死去してしまいました。私の亡き父は雄一郎さんの父羽田孜さんとはとても懇意にしていたので父が生きているときはよく家族で温泉湯治にも行ってました。羽田さんは温泉が多い長野県の方なので温泉が医療や健康に絶対良いはずだと常々言っていました。当時湯治によく行っていた父と

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477