検索

ARGON18nitrogen2020インプレッション

更新日:2020年7月21日

コロナで自転車レースもほとんど中止になってしまったので昨年購入して今年3月から乗り始めたargon18nitorgenのインプレッション。

いわゆるディスクロードも発売から規格も安定してきたし各メーカーディスク車も勢ぞろい。そろそろリムブレーキからディスクロードに替えても良い時期だと思ったので購入を決意。元々MTBではディスクブレーキは使っていたので何ら抵抗はありませんでした。ただ買い替えるとなると今までのホイールやら、パーツなどもほとんど使えなくなるので購入決意後少しずつ売却を進めました。

候補としては色々あったのですがどうせ買うならエアロロードと思い色々物色を始めました。一番楽しい時ですね。エアロロードだともはやスペシャのvengeが圧倒的に人気で回りの知り合いもvengeだらけでした。高性能なのはわかるのだけど他人と同じバイクは何となく食指が動かないのでパス。あと自分のコンセプト的にエアロロードはハイトの高いホイールが標準だけど住んでいる地域的にも脚質的にもハイトの低めなカーボンホイールを履きたかったのでやはりフレーム買いにしました。

そこで色々見ていたらaragon18nitrogen2020がビビットきました。色々調べていくとフレーム重量もエアロロードにしてはとても948g(Mサイズ塗装込み)軽量。これなら自分の理想のバイクが組めそうなので購入を決意。RX同チーム員のヤマケンさんのインプレも参考になりました。

組み合わせもどうせ新車で組むなら最新のSRAM foceAXS12Sに決定。ホイールはディスクになるとそれなりにMTBホイールなどをリーリースしていてディスクホイールを作り続けているメーカーが良かったのでDTのスプライン28に決定。ワイドリムではないのですがとにかく軽量で前後1325gでチューブレス対応なのでフレームより先に買ってしまいました。

昨年年末には組みあがったのですが手首骨折したので今年3月から乗り始めました。

まず造形は横から見ると他社エアロロードに似てますね。CFD解析すると結局この形になってしまうようです。塗装は厚くシルバーカラーでとても綺麗で高級感もあります。

リムブレーキ車からの乗り換えですが流石に剛性は高いです。踏んだ分だけ反応よく加速します。少し硬いかなとは思いましたがチューブレスの空気圧を調整して乗ったらそこまでの硬さは感じなくなりました。

スルーアクスルの恩恵はやはり加速やダンシングなどでどんな踏み方をしても前に進む感覚はとても感じられます。あとエアロフレームに30ミリ程度のハイトのホイールでも平地下りがとても速い。いつもの下りを足を止めて下っても最高速度が5キロ速かったです。エアロロードはダンシングがリズムが取りにくいと聞いていたのですがnitrogenはノーマルバイクと遜色なく癖もないのでとても乗りやすい。sram axsコンポもあいまっってストレスなく変速して乗っていて楽しいです。ギア比はF46/33 R10/33どんな坂でも登れそうなギア比です。実際飯能の激坂では威力を発揮します。


ちなみに重量はペダルとボトルゲージ2つサイコンホルダー込みで7.3Kでした。以前乗っていたBHウルトラライトがアルテグラDT38カーボンホイールで7kでしたのでなかなか優秀な数値だとおもいます。ディスクブレーキはやはりコントロール性は抜群です。しかしストッピングパワー自体はリムブレーキと変わらない感じです。フロントローターを140にしているせいかもしれませんが私にはこれで十分です。今のところ走行性能にしては満足です。

しかし難点をいえばシートポスト。専用のエアロシートポストがついているのですが規定トルクですと若干しまりが緩く音鳴りがして緩みます。カーボン用グリスと規定トルクより少々強めで音鳴りは止みました。後はディスクパッドの減りが早い。山を走っているので仕方ないですが2000キロ過ぎるともう残量は怪しいです。実際2100kで交換しました。平地主体でも3000kは持たないかもしれません。

今のところ買い替えて良かったですが輪行やローターの扱いなど少し慣れは必要です。でも一度セットしてしまえばワイヤー交換もなく楽なのは良いですね。扱いは慣れの問題だと思います。

参考にライダーは身長178センチ

体重58キロです。フレームサイズはSです。





401回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています