top of page
検索

GW後の疲労

GWも終了して日常に戻りつつあります。この時期ただえさえ気温差が激しいのに前代未聞の10連休でした。休み明けは皆様お忙しいようで仕事に追われ体調を崩す方も多いようです。休みの時でも日常のように早寝早起きが出来るならそうすることによって自律神経が整います。しかし連休が終わって頭痛やら体のだるさやら眠気など簡単に言えば時差ボケに近い症状ですね。いかに人間は生体リズムによって恒常性を維持しているかわかると思います。

対処法は色々ありますがやはり日常の時間の起床や睡眠。日中どうしても疲れたら20分でも昼寝する。自律神経の鍛えるためにも浴槽での温冷浴。冷水シャワーがきつい方は湯舟の入浴でも可。朝の軽い体操などが効果的です。だいたい遅い方でも4.5日すれば身体もなれるので平日は続けることが良いと思います。また最初の週末も起床時間は守り夜更かしもやめましょう。日中疲れた時や眠い時は2,30分の昼寝や身体を休めるのも必要です。週末も動きたいと思えるくらい元気であれば運動も良いと思います。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page