ZEN Shiatsu 居士会
安陪治療院

lotus_big_dark3_edited.png
PC012765.JPG
DSC_4504_edited_edited.jpg

​安陪 正道

​Abe Masamichi

​居士会安陪治療院 三代目院長

​趣味:

坐禅と映画鑑賞

​スポーツ:

スキー、自転車ロードレース

シクロクロス

MTBと今でもロード、

​シクロス選手として活動中

​プロフィール

 

 

 

先代の治療理念を受けつぎ10代のころから父・安陪常正と日本や世界中の温泉を歴訪。

世界各国の温泉療法や自然療法を学ぶ。

日本国内では特に秋田県の玉川温泉、世界ではドイツバーデンバーデン、オーストリアバドガシュタイン、台湾の北投温泉などの温泉湯治を研究。ソニーの井深大氏や作曲家の山本直純氏などから温泉療法が支持される。

また、縁あって、長嶋茂雄氏、アントニオ猪木氏などプロスポーツ選手を治療させて頂く。

​治療歴26年。子供からご高齢の患者様まで治療経験多数。特に癌やパーキンソン、脳梗塞などの患者さまを多く治療。難病の患者様には、西洋医学的な観点と東洋医学的な観点から、治療だけでなく食事や生活、運動指導などトータルにアドバイスしています。特に食事に関しては幼少期より玄米食を実践し病気と食事の関係性を研究。玄米菜食、粗食、素食の食事から、マクロビなど海外の食事療法にも詳しいです。ご興味ある方はいつでもご相談ください。

また、自身が長年スポーツに取り組んでいる為、自転車競技や陸上競技(マラソン、駅伝)、バレエ、スイミング等のアスリートに対する施術も数多く行う。最近では、中高年のスポーツ愛好者方々が生涯スポーツを楽しむ為の体のメンテナンスに来院されており、ケガ予防や疲労回復の観点から施術やアドバイスもしています。

​自身でも当院独自の指圧メソッドや、食事・運動・温泉療法を実践することにより、18歳から30年以上、自らの体型と健康を維持しています。

身長178センチ体脂肪8%.。

過去インタビュー雑誌掲載ets

​粉飴アスリート

​和樂(和楽)(9月号

週刊新潮ets.