検索

キラーストレス

NHK特集でキラーストレスを特集していました。2夜連続で現代ストレスが体を蝕んでいるといった趣旨です。

内容を簡単に説明すると 長期間ストレスに晒されることによって海馬の神経細胞が減り、うつ病になったり記憶力や想像力に影響が出る。幼少期にストレスを受け続けると脳の偏桃体が大きくなり、小さなストレスにも過敏に反応してしまう。ストレスを緩和する方法として、「マインドフルネス」「コーピング」という2つの方法を紹介していました 。なかなか見ごたえのある番組でした。大体勤労者の80%がストレスを感じる現代社会がかなり問題なんだろうと思いますが。同じストレスも感じる方と感じない方がいることも脳科学的に説明していたのでかなり良かったです。

私の亡き父は47年前私が生まれる前に曹洞宗 故 弟子丸泰仙さんと禅と坐禅の布教でフランスにわたり2人で布教活動をしていました。フランスではこの時代ですでに現代ストレスが脳に悪影響があると言われており弟子丸さんと父は坐禅をあちこちでデモストレーションをして、いかに坐禅が脳によい影響があると力説していました。数年もすると布教活動がフランス全土に広がり禅がブームになりヨーロッパ各都市に禅センターができるまでになり坐禅がフランスからあちこちに広がっていったのです。現にフランスのあちらこちらには坐禅が座れる道場があちこち見かけられます。 話は長くなりましたがストレス緩和方法にマインドフルネスはまさに坐禅や瞑想です。またコーピングはどんな気持ちの時にどんな行動をするか、いわば気分転換です。散歩や運動、寝る、お酒を飲む、雑談をする。ですね。 コーピングは普段からやられてる方がほとんどでしょうが、それとマインドフルネスを組み合わせるのがとてもストレスには有効だと思います。 私も幼少のころから坐禅は組んでいましたがとても頭がすっきりするので短時間でも行うようにしています。麻布の治療院でも水曜日のお昼には坐禅会をしていますのでご興味ある方はお問い合わせしてください。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近ニュースで見たのが結構衝撃的でした。アメリカの成人75%が過体重だということ。また働き盛の40から60代で平均がbmi30以上と耳を疑いましたが現実だそうです。アメリカは肥満大国と言われていましたが現代でもあまり肥満度は変化ないようで驚きでした。特にここ3年はコロナ渦で自宅で過ごす時間が増えてきて運動不足で太る方も多かったと思いますが日本人も中年に限れば電車内を見渡すとお腹が出てる方が多く見受

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです