検索

キラーストレス

NHK特集でキラーストレスを特集していました。2夜連続で現代ストレスが体を蝕んでいるといった趣旨です。

内容を簡単に説明すると 長期間ストレスに晒されることによって海馬の神経細胞が減り、うつ病になったり記憶力や想像力に影響が出る。幼少期にストレスを受け続けると脳の偏桃体が大きくなり、小さなストレスにも過敏に反応してしまう。ストレスを緩和する方法として、「マインドフルネス」「コーピング」という2つの方法を紹介していました 。なかなか見ごたえのある番組でした。大体勤労者の80%がストレスを感じる現代社会がかなり問題なんだろうと思いますが。同じストレスも感じる方と感じない方がいることも脳科学的に説明していたのでかなり良かったです。

私の亡き父は47年前私が生まれる前に曹洞宗 故 弟子丸泰仙さんと禅と坐禅の布教でフランスにわたり2人で布教活動をしていました。フランスではこの時代ですでに現代ストレスが脳に悪影響があると言われており弟子丸さんと父は坐禅をあちこちでデモストレーションをして、いかに坐禅が脳によい影響があると力説していました。数年もすると布教活動がフランス全土に広がり禅がブームになりヨーロッパ各都市に禅センターができるまでになり坐禅がフランスからあちこちに広がっていったのです。現にフランスのあちらこちらには坐禅が座れる道場があちこち見かけられます。 話は長くなりましたがストレス緩和方法にマインドフルネスはまさに坐禅や瞑想です。またコーピングはどんな気持ちの時にどんな行動をするか、いわば気分転換です。散歩や運動、寝る、お酒を飲む、雑談をする。ですね。 コーピングは普段からやられてる方がほとんどでしょうが、それとマインドフルネスを組み合わせるのがとてもストレスには有効だと思います。 私も幼少のころから坐禅は組んでいましたがとても頭がすっきりするので短時間でも行うようにしています。麻布の治療院でも水曜日のお昼には坐禅会をしていますのでご興味ある方はお問い合わせしてください。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています