検索

台湾北投温泉 青湯

4月16日から20日まで台湾北投温泉ツアーに行ってきました。

今回は11名の方と温泉湯治です。自前情報で加賀屋横にある新秀閣の日帰り青湯浴場が入れないことになっていたので今回は北投温泉で唯一青湯を引いている水都温泉會舘に泊まりました。こちらの温泉宿は日本で言えばビジネスホテル並ですが部屋に温泉がいつでも入れるので回数を入浴して、すぐにベッドで休むことが出来ます。ある意味湯治の環境としては最高だと思います。設備の面では少々古さは目立ちますが掃除は毎日していただけるし入りたい時青湯源泉100パーセントに入れるのは魅力です。

現地ではラジウム酸性泉を青湯と呼びます。この源泉は世界でもここ北投温泉と秋田玉川温泉しか噴出しません。とても貴重な温泉です。 青くエメラルドグリーンの源泉なので青湯と呼びます。しかし現地の温泉宿には不評です。まずPH1.2近くの酸性泉で風呂の設備や配管がすべて溶けてボロボロになってしまうので皆さん引きたがらないのです。ですので

北投でも結局日帰り温泉しか入れない状態になっています。35年前も青湯を引いている宿はここと新秀閣しかありませんでした。あとは設備の古い日帰り温泉のみでした。実に惜しいことです。夕飯は水都近くの素食にて食べることにしました。ここは本当に安くて美味しい。冬瓜の煮物はとても美味しかったです。後は野菜麺続く

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

怪我をする前に

自転車に限らずスポーツに怪我はつきものです。競技系のスポーツをしていれば怪我に悩まされる方の多いこと。アクシデント系の怪我なら治療やリハビリで実質休まなければいけませんが、通常の練習やトレーニングなどで痛める方も多いと思います。スポーツとして楽しんでいる方でも怪我は多いのですが大抵無理をしたりトレーニング不足やケア不足などがあります。トレーニングも楽しんでくると徐々に負荷が上がります。目に見えるよ

自粛疲れ

GWも終わり日常生活も戻りつつあります。しかし連休前から東京では緊急事態宣言が出されせっかくのお休みも自宅近辺で過ごすはめになった方も多いと思います。 さすがにもう一年以上もこの状態が続いていて、何か対策もないまま自粛自粛と精神的に疲れてしまっている方も多いようです。 働いている世代はテレワークが定着し運動不足の方が治療院によくみえるようになりました。 あとは高齢者ですが真面目な方は家からほとんど

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完