検索

台湾北投温泉 青湯

4月16日から20日まで台湾北投温泉ツアーに行ってきました。

今回は11名の方と温泉湯治です。自前情報で加賀屋横にある新秀閣の日帰り青湯浴場が入れないことになっていたので今回は北投温泉で唯一青湯を引いている水都温泉會舘に泊まりました。こちらの温泉宿は日本で言えばビジネスホテル並ですが部屋に温泉がいつでも入れるので回数を入浴して、すぐにベッドで休むことが出来ます。ある意味湯治の環境としては最高だと思います。設備の面では少々古さは目立ちますが掃除は毎日していただけるし入りたい時青湯源泉100パーセントに入れるのは魅力です。

現地ではラジウム酸性泉を青湯と呼びます。この源泉は世界でもここ北投温泉と秋田玉川温泉しか噴出しません。とても貴重な温泉です。 青くエメラルドグリーンの源泉なので青湯と呼びます。しかし現地の温泉宿には不評です。まずPH1.2近くの酸性泉で風呂の設備や配管がすべて溶けてボロボロになってしまうので皆さん引きたがらないのです。ですので

北投でも結局日帰り温泉しか入れない状態になっています。35年前も青湯を引いている宿はここと新秀閣しかありませんでした。あとは設備の古い日帰り温泉のみでした。実に惜しいことです。夕飯は水都近くの素食にて食べることにしました。ここは本当に安くて美味しい。冬瓜の煮物はとても美味しかったです。後は野菜麺続く

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが