検索

坐禅の効用

私は父親が曹洞宗でしたので幼少のころから伊豆の坐禅堂でよく坐禅を組んでいました。

それはそれは当時寺の中は冬は寒くて夏は暑い過酷なものでしたが、終わると不思議と頭の中がすっきりする感覚は当時からありました。父は50年前に当時曹洞宗の沢木興道老師の元で坐禅をしていた弟子丸泰仙師とフランスにシベリア鉄道で二人で禅の布教に行きました。フランスに着いてもお金がないので父が指圧をしてお金を作ったり、弟子丸さんが片言の英語で書店などのスペースを借りながら公演や坐禅指導をして暮らしていたそうです。そのうち色々と出資してくださる方や賛同者が増えて坐禅堂もロワールの古城に禅センターを作り、ここが今でも曹洞宗のEU禅センターになっています。それから父は帰国しましたが弟子丸師は布教を続けヨーロッパ中に禅を布教して坐禅が広まったのです。昨今はマインドフルネスが注目されて坐禅も科学的に脳の前頭葉が活性して非常に身体にも心にも良いとされてきています。坐禅は効用を求めてはいけないのですが、現代ではその効用は色々研究され脳や自律神経にはとても良い作用があると言います。当時フランスが柔道が強くなったのも選手が坐禅を積極的にやっていることも以前紹介されていました。また今スポーツの現場でもマインドフルネスは普通に取り入れられています。効用を求めるのもどうかと思うのですが、私なりの体験でもよく睡眠がとれる、精神が安定する、ストレスをためにくくするのでアンチエイジングにも良いと思います。特に睡眠前に15分でも坐るとよく眠れる方も多いので寝つきが悪い方にもお勧めしています。居士会でもお昼時間希望があれば坐っております。ご希望の方はご連絡下さい。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完

マインドフルネスと禅

昨今マインドフルネスという言葉を盛んに見かけると思います。 要約すれば瞑想ですが医療心理学的にはジョンガバットジンが心理学の集点化理論と組み合わせて臨床的に体系化したもので心をリラックスしたりストレスを緩和したり思考を制御したりするものと言われています。日本人から見れば心理学的治療に見えますが実は東洋思想仏教の禅から由来されてると言われています。 私は幼少から父の影響で坐禅を組むことをよくしていま

胃腸障害

ここ最近胃腸障害の患者さんが多いようです。 やはり自粛生活による運動不足やストレスなどで胃腸の調子が悪い方がいます。 胃もたれや食後の胸焼け、お腹の膨満感など人により様々ですが 長く続く場合は病院での検査を勧めています。 食べ過ぎ飲みすぎなら解るのですがどうも自宅に長くこもっていたり 普段の生活がなかなか思うようにいかないようなストレスを抱えている方が ほとんどでした。長い間ストレスがあると胃腸の

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477