検索

夏バテを乗り切る。

8月に入り記録的な暑さで暑熱順化が追い付かないようで昔なら徐々に暑さになれたのですが急に暑くなったので自律神経も調整が追い付かず夏バテ気味になってる方が多いようです。確かにこの暑さは異常です。冷房がないともはや屋内で過ごすのは難しい気候です。

そのせいか室内と外気温の温度差が激しくそうなると体調を崩す方います。それに加えて冷房の中で冷たい飲み物や食べ物を摂り続けると内臓が疲れてきて消化が落ちてしまいます。それが夏バテの正体です。以前台湾に行ったときに台湾のOLさんに真夏の仕事帰りに岩盤浴がとても人気があると聞いたのですがあちらは日本以上に暑く冷房も強いので仕事が終わる頃には体が冷え切ってしまいわざわざ岩盤浴に入浴し汗をかいて帰宅すると言ってました。暑い国ならではの対処法ですね。

さて対策はやはり朝まだ涼しいうちに運動をして汗をかきやすい体にする。日中冷房のかかった室内では冷たいものを控える。夜シャワーではなく半身浴などきちんと入浴をする。

これだけでも夏バテはある程度防げますので是非実行してください。

今居士会では施術後岩盤ベッドで仮眠ができる基本コース1000円割引キャンペーン中なので是非ご利用ください。9月12日まで。



55回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

自粛疲れ

GWも終わり日常生活も戻りつつあります。しかし連休前から東京では緊急事態宣言が出されせっかくのお休みも自宅近辺で過ごすはめになった方も多いと思います。 さすがにもう一年以上もこの状態が続いていて、何か対策もないまま自粛自粛と精神的に疲れてしまっている方も多いようです。 働いている世代はテレワークが定着し運動不足の方が治療院によくみえるようになりました。 あとは高齢者ですが真面目な方は家からほとんど

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完

マインドフルネスと禅

昨今マインドフルネスという言葉を盛んに見かけると思います。 要約すれば瞑想ですが医療心理学的にはジョンガバットジンが心理学の集点化理論と組み合わせて臨床的に体系化したもので心をリラックスしたりストレスを緩和したり思考を制御したりするものと言われています。日本人から見れば心理学的治療に見えますが実は東洋思想仏教の禅から由来されてると言われています。 私は幼少から父の影響で坐禅を組むことをよくしていま