top of page
検索

夏バテを乗り切る。

8月に入り記録的な暑さで暑熱順化が追い付かないようで昔なら徐々に暑さになれたのですが急に暑くなったので自律神経も調整が追い付かず夏バテ気味になってる方が多いようです。確かにこの暑さは異常です。冷房がないともはや屋内で過ごすのは難しい気候です。

そのせいか室内と外気温の温度差が激しくそうなると体調を崩す方います。それに加えて冷房の中で冷たい飲み物や食べ物を摂り続けると内臓が疲れてきて消化が落ちてしまいます。それが夏バテの正体です。以前台湾に行ったときに台湾のOLさんに真夏の仕事帰りに岩盤浴がとても人気があると聞いたのですがあちらは日本以上に暑く冷房も強いので仕事が終わる頃には体が冷え切ってしまいわざわざ岩盤浴に入浴し汗をかいて帰宅すると言ってました。暑い国ならではの対処法ですね。

さて対策はやはり朝まだ涼しいうちに運動をして汗をかきやすい体にする。日中冷房のかかった室内では冷たいものを控える。夜シャワーではなく半身浴などきちんと入浴をする。

これだけでも夏バテはある程度防げますので是非実行してください。

今居士会では施術後岩盤ベッドで仮眠ができる基本コース1000円割引キャンペーン中なので是非ご利用ください。9月12日まで。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page