top of page
検索

完璧な身体?

最近の若い方からお年の方まで多いのですが、見た目の完璧さ、健康の完璧さ、などなど一生懸命に色々やっている方を多く見かけます。ジムに行って体力をつける、サプリメントや健康食品で若返るなどなど確かに一理あります。

しかし生物(動物)とは有機体であり、動けば疲れるし睡眠不足なら眠くなる、起きて動けば腹が減るなど必ず生理現象はあります。ただ現代人はそこをがんばりすぎる為か生理現象を無視し続けて鈍感になってしまっているようです。ハンドルの遊びがあるように肉体や神経も少々遊びや余裕があるほうが良いですよね。疲れたら栄養ドリンク、寝不足は目が覚めるサプリ、はたまた眠れなければ誘眠剤、その場限りで何とかしよう、時間は無駄に使えないとばかりに、がんばりすぎてる方が多いような気がします。そんな方たちも年月がたてば色々故障が出てくるものでその前に必ず身体はサインを出しています。そんなサインを無視して無理やり健康体の戻そうと上記のように努力する。またまた疲れてしまいそうです。そう思うと世間の完璧な身体を手に入れるのは自然からかなり遠ざかっているようにおもえてならないのが最近気になるところです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page