検索

bad gastein坑道浴温泉療法1

bad gastein坑道浴温泉療法

7月の28日から8月6日までオーストリアバドガシュタイン坑道浴温泉療法に行ってきました。

私の父は亡くなる前には10回以上もこちらの坑道浴に来て患者さんと温泉療法を実践いたしました。

当日は羽田空港から出発。ミュンヘンまで約11時間のフライトです。

昔より機体の性能が上がり2時間ほど早く着くようです。そこから車でバドガシュタインに入ります。約3時間半です。




私が前回行ったのは12年前。この時は2週間行きました。

ホテルに到着後休憩をとり明日からの坑道浴治療にそなえます。

やはりGermany圏はビールが酵母入りで美味しいです。

水やコーヒーと値段はあまり変わりません。

さて初日こちらは標高1100ほどあるので日本のうだるような暑さはなく朝晩は涼しくて快適です。朝晩は17度まで気温が下がります。日中も26度くらいにはなりますが乾燥しているのでさわやかです。ここバドガシュタインは元々アルプスのスキー場があるところです。現地ではやはりスポーツと言えばスキー競技が盛んでタクシーの運転手さんも盛んにスキー選手の名前を知ってるか?と言ってました。私もスキーは好きなので真冬も一度来てみたいですね。

ここバドガシュタインも夏場はオフシーズンなんでしょうが、今年はEUが熱波に襲われてとても暑く以前より涼を求めて観光客の方も多い気がします。皆さん登山や最近EUで流行っているEバイクなどを楽しんでいる方が多かったです。

次回に続く

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが